名札の必要性

明るい応接室

名札は、その人を紹介するものです。 付ける環境とそうでない環境では、それぞれ共通した差が見られる事があります。 付ける環境では、責任や従属意識といったものが強く、所属する環境に一丸となる意識が高い傾向にあります。 付けない環境では、独善的な振る舞いが目立つ傾向にあります。 本人は名札を付ける事で、自分は誰かを知られる事になり、評価を気にして仕事への意識も高まります。 また、名札が付けられていると第三者の評価が得られ易くなります。 それは覆面調査に並ぶ貴重な意見の収集に有効です。 そしてその様な状況下、いつも見られているという意識が仕事の能率を上げるというメリットもあります。 よく仕事において、個性が打ち消されものの扱いと嘆かれる環境もあります。 名札は、その人が誰であり、第三者から興味を持って貰う個の尊重の重要な橋渡しでもあります。 どの様な環境でも、ぜひ名札を付けたいものです。

名札は、個人で活用される例も多数あります。 それは予防等、名札の主の見当を付ける場合等です。 例えば最近では、認知症による徘徊が社会問題になっていて、所持品から名前がわからないといった理由で保護されたまま連絡がつかないといった例が多発しています。 そういった事態を防ぐ為に、常に名札を身に付ける方が増えています。 それは手軽な方法で、個人や施設でも容易に取り入れられ費用も比較的安価で助かります。 一方で、企業やお店等で、工夫された名札が流行りつつあります。 それは個人の自己紹介やメッセージを含んだもので、写真も載せる等履歴書宛らのものも利用されています。 そういったオリジナリティーでお客様に関心を抱いて頂いたり、覚えて頂く効果を期待して等目的は様々です。 他にも様々なタイプが新たに作られていて、様々な用途に効果が期待出来そうです。